ほのかりん オフィシャルサイト

TWITTER ユイエンタテイメントフォーライフミュージックエンタテイメント

write

トモダチ

「会いたい!」

風を切って走ってきた、あの時の君の笑顔が忘れられないの。

渋滞を横目に渋谷を過ぎて、坂を登って行くふたりは子供のように叫んだ。

「お前、めっちゃ明るいじゃん!」

「そうなの!私、本当はめっちゃ明るいの!」

そうやって笑い声だけ取り残して、二人乗りの自転車が冬の冷たい風の間を割った。

 

また冬が来るよ

失った日々をまだ飲み込めずに頬の奥でためているっていうのに。

 

横断歩道を一人でどうやって渡ればいいの

私の隣にいない君を憎んでしまいそうで怖いの

 

君は何処にいるの、ゆっくり嫌いになってほしかったよ

 

今日も私はひとりきり、君に会えるかもって期待を寄せて歩く

結局スクランブルは素通り、独り善がりばかりだな



« »